入れ歯

歯が何らかの理由でなくなるとそこに人工の歯を入れることになります。その方法には、差し歯インプラント、そして入れ歯があります。
入れ歯は、ほとんどの方に適応でき、安全で保険が使用できるので安価になります。
ただ、短所もあります。違和感があり、馴染みにくい、食べにくかったり、固いものが咬めない、バネをかける歯に負担がかかる、前歯にバネが見えると見た目が悪い、歯が抜けた部分の骨が次第に痩せていくこともあります。

この短所を克服するために考えられた保険適用外の入れ歯もあります。


レジン床保険適用

レジン床の入れ歯

レジン床の入れ歯は、保険診療で作れるので、安価で破損時の修理が比較的簡単にできます。
しかし、歯肉に触れるレジン(プラスチック)の厚み(約3mm)が少しあるので、熱が伝わりにくく、食べ物の温度を感じにくくなります。人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。

価格約8,000~9,000円(税込)

※数日お預かりすれば、修理可能です。

チタン床保険適用外

チタン床の入れ歯

チタン床の入れ歯は、熱もよく伝わり、美味しく食事ができます。金属の味がなく、非常に軽量で、歯ぐきへの適合性、吸着性や生体安定性に優れています。
最も薄いところで厚さ0.4mmの金属床です。

価格324,000円(税込)

※数日お預かりすれば、修理可能です。

コバルトクロム床保険適用外

コバルトクロム床の入れ歯

コバルトクロム床の入れ歯は、丈夫で設計が組み合わせやすく、古くから金属の入れ歯に使用されてきましたが、まれに金属味を感じる方もいます。
最も薄いところで厚さ0.4mmとなり、チタン床と同じ金属床です。

価格216,000円(税込)

※数日お預かりすれば、修理可能です。

金床保険適用外

金床の入れ歯

金床の入れ歯は、金なので体になじみやすいのですが、軟らかいので厚みが必要で少し重い入れ歯になります。
また、黄色味のある白色で高級感があります。

価格540,000円(税込)

※数日お預かりすれば、修理可能です。

ノンクラスプデンチャー保険適用外

インクラスプデンチャーの入れ歯

入れ歯の金属のバネが見えるのを嫌がる方、人から入れ歯だと気付かれたくない方にお勧めです。
インクラスプデンチャーの入れ歯の素材は、ポリエチレン系の入れ歯で臭い、汚れがつきにくく、適度の弾力があり装着時にやさしくフィットします。

価格270,000円(税込)

磁性アタッチメント保険適用外

磁性アタッチメントの入れ歯は、残っている歯の根っこに金属を付け、入れ歯の裏面に磁石を取り付けます。磁石でピタッと固定され、金属のバネがないので見た目がよく、お手入れが簡単で、歯に負担がかかりにくいです。

価格磁石1個 37,800円(税込)

磁性アタッチメント術前

術前

磁性アタッチメント術後

術後

  • 診療時間 詳しくはこちら
  • 保険適用外治療は、各種クレジットカードでお支払いが可能です。
    詳しくは当院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

    取り扱いカード
  • そめじ歯科医院ブログ
  • 季刊 健口ニュース 歯を大切にするための情報誌
  • そめじカフェ お口に関するナルホド!情報
  • 携帯サイト